初めまして。
リクルートラボの代表の林です。

お忙しい中最後までお読みいただきありがとうございます。

恐らく起業のきっかけをお伝えすることが当社を一番理解できるのではないかと考え、起業のきっかけについて少しだけお話しさせていただきます。

実は私は2014年から2017年まである上場企業の採用求人広告営業マンをしていました。自分で言うのも恐縮ですが、中々優秀な営業マンで在籍時の成績は常にトップでした。

そんな順風満帆な私が起業を決意したきっかけは2つあります。

まず1つ目は、採用求人広告マンが必ず抱えるジレンマです。
そのジレンマとは、お客様の利益と採用求人広告会社の利益は必ずしも一致しないというとことです。
もちろん誤解のないようにフォローしておきますが、採用求人広告マンはお客様のために必死に日々営業をしています。
ただし、求人広告枠というサービスしか持たない営業マンの影響力には限りがあり、ザルに水を注ぐ行為に疑問を感じてしまったことが1つ目のきっかけでした。

2つ目は、採用環境がウェブにより大きく変わってしまい求職者の多くが何らかの形で必ず企業の採用サイトを経由する様になってしまったためです。
このため、「採用広告」を売る前に「採用サイト」を整備しなければ先に挙げたようにザルに水を注ぐ行為を助長させるだけだと感じたためです。

リクルートラボは水を注ぐ会社ではなくザルの目をふさぐ会社でありたいと思っています。ザルの目とは、採用サイトや面接などの採用力の改善、また人事考課制度や福利厚生などによる従業員満足度向上による離職防止力だと思っています。つまり水を注ぐ前にザルの網目を塞ぐのがリクラボ流です。

もしこのホームページを見てあなたが何かを感じたのであれば是非下の無料相談にお申し込みください。
当社の金額設定では大きく予算オーバーしてしまい契約可能性が0%のようなオーナー様でも構いません。たった1時間ではありますが私たちの持っている採用に関する知識を共有させていただきます。

短い時間ではありますが、きっとあなたの肩の荷を軽くし今後の採用活動に明るい兆しが持てるはずです。